全身脱毛の施術の順番

 

脱毛サロンなどのホームページを見ていると、「全身脱毛、全10回」なんてコース設定を見ることがあるでしょう。

 

まだ、脱毛のことをよく知らない人は……「両ワキ」当たりから始めて、順番に部位を移していくのだろう……なんて思っているかもしれません。

 

が、違います。光脱毛の場合、同じ部位にある程度の間隔を置いて、何度も光照射する必要があります。

 

一回照射すると、10日ほど後に、いったんはムダ毛は一端は全部抜けます。が、しばらくすると同じ所からもまた生えてきます。一本一本が以前よりはやや弱々しくなっている程度です。

 

5回6回、あるいはそれ以上繰り返して、ようやくムダ毛が全くなくなるのです。

 

特定の部位ごとに間隔は2か月程度おくことになります。

 

ですから、全身脱毛の場合、ほぼ全身が同時進行になると考えていいでしょう。

 

ただし、1回の施術で照射できる範囲には限度があります。体の負担が大きすぎるのです。ですから、1時間程度に収まる程度にすることが多いようです。

 

こういった場合には、全身をグループに分けます。

 

たとえば、@両ワキ、両ヒジ、手指、手の甲、A背中、うなじ、ヒップ、Bヒザ下、ヒザ上、足指、足の甲、Cおなか、Vライン、胸、乳輪、といった具合です。

 

4つのグループにしておけば、半月ごとに通うと、同じ部位は2か月に1回、光照射を受けることになります。

 

この分け方、お店によってまちまちです。が、たいていは背中側だった背中側ばかり、おなか側ならばおなか側ばかりといったように、近いところを組み合わせることが多いようです。