全身脱毛は主にどんな施術内容で行われるの?

全身脱毛をする決意がほぼできて、「いざ申し込もう」といっても、そこから実際施術が始まるまでに、すこし手順があります。

 

また、この手順をおろそかにすると、「選んだエステサロン・脱毛サロンは失敗だった」といったことにもなりかねません。

 

まずは、申し込みから、実際に施術を受け始めるまでの、その手順を確認しておきましょう。

 

・最初はカウンセリング

 

ほとんどのエステサロン・脱毛サロンも充実したホームページを用意しています。

 

今は買い物をネットで済ませる人も多いでしょうから、ホームページを比較しただけで、「ここにしよう」と決めてしまう人もいるかもしれません。

 

ですが、これはおすすめできません。実際とは違うことも多いからです。

 

また、いきなり申し込もうといしても、ほとんどのところは無理です。用意されているフォームも「カンセリング申し込み」になっているはずです。

 

カウンセリングとはいわば事前説明です。また、肌質や毛質のチェックなどもあります。

 

契約するのはこれが済んでからです。

 

この事前説明が終われば、その場で申し込み、契約することも可能です。

 

ですが、返事を保留し、いったんは持ち帰るのが原則です。ほかの候補も回り、比較します。少なくとも、3、4店のうちからベストのところを選ぶようにしましょう。

 

・施術に行くのに準備するもの

 

施術当日までに準備しておくことがあります。今生えているムダ毛の処理です。

 

放ったらかしで行くと、施術を拒否されるのが普通です。

 

だからといって、毛抜きで処理してもいけません。毛根が残っていないと、光脱毛の効果が出ないのです。

 

カミソリか電気シェーバーで処理することになります。おそらくはエステサロンの方から指示が出ているはずです。それを守るようんしましょう。

 

当日の服装には、特別なもの要らないことがほとんどです。ですが、施術後の帰りのことを考えて、下着などは皮膚に優しいものを選んでおいたほうがいいでしょう。

 

施術中は、向こうの用意している施術着に着替えます。その日の脱毛部位によっては、私服のママのこともあるかもしれません。

 

ただ、こういった対応は、やはりサロンごとに異なります。確認しておきましょう。

 

・施術の内容

 

施術のメーンはもちろん、光照射ですが、その前にお肌にジェルを塗るところと、そうでないところがあります。

 

ジェルを使うところは「お肌の保護になる」「美肌効果のある成分も含んでいる」、使わないところは「ジェルが不要なぐらい、お肌への負担の少ない光脱毛を採用している」などとアピールしています。

 

そういった効果がどれだけ出るかは、個人事の差が大きいです。気になる人は、体験コースを受け、自分の体で経験して比較したほうがいいでしょう。

 

また、施術室は低料金がセールスポイントのところは、いくつもの施術台を並べ、間はカーテンなどで仕切ってあるのが一般的です。

 

高級感をアピールするお店の中には、個室になっているところもあります。

 

・差がつくことの多いアフターケア

 

「アフターケア」という言葉は、普通はアフターサービスの意味で使われることが多いです。脱毛の場合はこれと違い、光照射の後のほてったお肌に対する処置のことをいいます。

 

実はお店ごとに最も差がつくのがここです。

 

丁寧にやるところは、お肌が落ち着くまで時間をとり、その後に化粧水などをたっぷりと施して、保湿まで考えます。

 

こういったお店は、脱毛エステよりも、美白・美肌などほかのコースも用意しているようなお店に多いです。

 

一方、脱毛エステでならば、冷蔵庫で冷やしたおしぼりを当てるぐらいで終わりのところがあります。

 

丁寧にやるところほど、料金は高めです。「家に帰って自分でやればいいことだから。それよりも料金が安いのが大事」と割りきるかどうかですね。

 

家に帰ったら、その日のおふろはやめておきましょう。せいぜいが温めのシャワーを浴びる程度にします。

 

また、お店のアフターケアの内容が十分であってもなくても、もう一度自分で保湿ケアをしましょう。

 

いくら「お肌への負担が少ない脱毛方法を採用しています」といっても、熱で毛根などを焼いているのです。まったくダメージがないわけではありません。