レーザー脱毛器のそれぞれの特徴と良い点を比較してみました

医療機関のほとんどが採用している脱毛方法はレーザー脱毛です。

 

エステサロン・脱毛サロンで採用されている光脱毛同様に、おなじレーザー脱毛の中でも使う機器には種類があります。また、その種類ごとに得意なタイプのムダ毛が違います。

 

・医療機関のレーザー機器について

 

施術を受ける医療機関が、そういったレーザー機器を一通りそろえているのならば、そうは問題はありません。あなたのムダ毛の状態や肌質を見て、最も適した機種を選んでくれるでしょう。

 

ですが、実際にはそういったところは多くはありません。たいていは1機種だけでしょう。もうひとつあっても、単に旧式になったのを残しているだけかもしれません。

 

カウンセリングにいって、もしあなたが、「どの機種がいいのか」と質問したら、普通は自分のところのものを挙げるでしょう。「うちの機種よりも、○○美容外科の使っているもののほうが、あなたに合っているよ」という答えが返ってくることはないでしょう。

 

となると、ある程度、自分で知識をつけ、最も適した機種を採用している医療機関の中から候補をピックアップしなければいけません。

 

もちろん、それ以外の機種でも脱毛ができないわけではありません。ですが、最もお肌への負担が少なく、しっかりと脱毛効果を出すには、機種も選んだほうがいいのです。

 

機種の違いは、レーザー光線の波長に注目するのが最もわかりやすいです。主に次の3種類が使われています。

 

・アレキサンドライトレーザー

 

その3種類の中でも最も一般的なものです。光の波長は755nmです。

 

日本人の肌に使う場合、この波長のものが最も皮膚の表面をよくすり抜け、逆に毛根や毛母細胞がしっかりと受け止めます。

 

光照射する面積が広いので、施術時間が少なくて済みます。

 

ただし、中には薄めのムダ毛や産毛にはあまり効果を発揮しないものがあります。

 

・ダイオードレーザー

 

使用する波長は810nmとアレキサンドライトレーザーよりも少し長いです。

 

比較すると、毛根や毛母細胞以外の皮膚へのダメージが少ないです。

 

また、メラニンが多めで色の黒いお肌へも使うことができます。

 

そのため、アレキダンドライトレーザーを使っている医療機関で、「皮膚が黒いので脱毛は危険だ」と断られたような人でも、このダイオードレーザーを使っているところならば、施術してもらえる場合があります。

 

・ヤグレーザー

 

機器としては532nmと1,064nmの2つの波長が作れるようになっているものが多いです。

 

532nmの方はシミやソバカスの治療用です。脱毛にはもっぱら1,064nmが使われます。

 

波長が長いものほど、皮膚の奥にまで届きます。ですから、ヤグレーザーが得意とするのは、男性のヒゲなど毛根が奥深くにあり、太くて濃いものです。

 

また、女性ならばVIO脱毛の場合に、ぜひ優先的に考えたい機種です。

 

 

ちなみに、このレーザー機器は医療用に開発されています。今でも医師か、医師が監督している状態での看護師しか使うことができません。

 

なので、エステサロン・脱毛サロンで使われていることはありません。必ず、医療機関に行く必要があります。