クリニックと脱毛サロンの違い

 

脱毛を考える上で、決めなければならないことのひとつに、「美容系の医療機関にするか、脱毛サロンにするか」があります。

 

「美容系の医療機関」とは、美容外科、美容皮膚科、クリニックなどのことを指しています。

 

これらで行われている脱毛方法は、ほぼレーザー脱毛です。

 

これは元々、医療用に開発された機器を利用しています。

 

脱毛サロンで採用されている光脱毛に比べ、効果は強力です。特に生涯にわたってムダ毛が再生しない「永久脱毛」を望むのであれば、光脱毛ではなく、レーザー脱毛でなければなりません。

 

ただし、その半面、痛みが強いなど、お肌への負担は大きめです。ただし、医療機関ですから、痛みがひどい場合は、麻酔薬を使うことも可能です。また、トラブルが出てもすぐにその場で治療に移れます。

 

こういった状況を整えているために、料金はどうしても高くなります。

 

お手軽なのは、脱毛サロンの方でしょう。

 

なんといっても低料金です。特に近年は業者間での競争が激しく、キャンペーンなどを利用すれば、驚くような料金のものも見つかるでしょう。また、料金システムも、以前からのコース制に加えて、「回数無制限」「月払い制」「都度払い制」など様々なものが登場しています。

 

脱毛サロンで採用されている光脱毛は痛みが少ないのも、大きな魅力です。ただし、その分脱毛効果は弱く、数年後にはムダ毛が再生する可能性は残しています。

 

一長一短がありますので、総合的に考えて、自分の満足の行く方を選ぶようにしましょう。

 

 

⇒神戸の全身脱毛、おすすめ情報はこちら