脱毛の施術が完了するまでには、何回もサロンに通うことになります。しかもあいだは2か月か3か月空けます。

 

予約を取った当日が生理中になるようなことが数回あってもおかしくないでしょう。

 

で、この場合、「施術をしてもらえるかどうか」です。

 

まず、脱毛部位がデリケートゾーンの場合。つまり、VラインやOライン、Iラインの場合です。

 

これは、拒否するお店が大半でしょう。理由としては、「施術台が汚れる」です。ほかに何か口実を考えるかもしれません。が、本音はそうです。

 

また、両ワキやヒザ下などほかの部位の場合は、お見せによって対応が分かれるようです。まったくいつもと同じ扱いになるところもあれば、拒否するところもあります。

 

拒否されるのであれば、こちらでの判断のしようはありません。

 

迷うのは、OKの場合です。「生理でも行くべきかどうか」です。

 

どちらかといえば、おすすめしません。というのは、生理中はお肌のコンディションもいつもと違い、痛みを強く感じたり、簡単にお肌が荒れてしまうからです。

 

整理が終わるのを見越して、日にちを考え、予約を取り直したほうがいいでしょう。

 

また、整理以外にも、「急用ができた」「体調がよくない」などの理由で、予約を変更する必要が出てくることもあるでしょう。

 

そういったことを考え、サロンを選ぶときは「予約が取りやすい」「予約が変更しやすい」ところを選ぶようにしましょう。

 

こういった話は、お見せの宣伝文句をそのまま信じてはいけません。口コミなどで、実際に通った人の評判をチェックするようにしましょう。

 

 

⇒神戸の全身脱毛、おすすめ情報はこちら